オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  次のような順序S1を作成しました。
  作成した順序の1〜5回目の値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  SQL>create sequence s1 increment by -1;
  順序が作成されました。

   (A).1、0、−1、−2、−3

   (B).−1、−2、−3、−4、−5

   (C).0、−1、−2、−3、−4

   (D).10,9,8,7,6

   (E).エラーになる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  次のような順序S1を作成しました。作成した順序に関する誤った説明を、
  (A)〜(E)の中から2つ選んで下さい。

  SQL>create sequence s1 start with 10 increment by 5 minvalue 5 maxvalue 30;

  順序が作成されました。


   (A).順序を初期化するために、始めにS1.CURRVALを実行する

   (B).順序の増分値は、5である

   (C).順序の始めの値は、10である

   (D).順序値は、最大値の30を越えると、最小値の5にもどる

   (E).順序値は、最大値の30を越えるとエラーになる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  順序S1を作成しました。
  現在の順序値を取得するための記述を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).S1.CURVAL

   (B).S1.CURRENT

   (C).S1.CURRVAL

   (D).S1.TMPVAL

   (E).S1.VALUE



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ユーザーBrianのパスワードをI6n8Zq8に変更するSQL文で正しいものを、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).ALTER USER BRIAN MODIFY PASSWORD I6n8Zq8;

   (B).ALTER USER BRAIN IDENTIFIED BY I6n8Zq8;

   (C).ALTER USER BRAIN RENAME PASSWORD TO I6n8Zq8;

   (D).ALTER USER BRAIN PASSWORD BY I6n8Zq8;

   (E).ALTER USER BRAIN CHANGE INTO I6n8Zq8;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  SQL*Plus環境の設定を行なうファイル名を、(A)〜(E)の中から選んで
  下さい。

   (A).ORACLE.INI

   (B).LOGIN.SQL

   (C).LOGIN.ORA

   (D).ORACLE.SQL

   (E).LOGIN.INI



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   ビューを使用した更新で、更新可能なビューを、(A)〜(E)の中から
   選んで下さい。

   (A).表を結合したビュー

   (B).GROUP BY句を使用したビュー

   (C).式により定義したビュー

   (D).DISTINCT句を使用したビュー

   (E).グループ関数を使用したビュー



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   作成したビューを書き換えるSQL文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).CREATE VIEW V1 AS SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

   (B).CREATE FORCE VIEW V1 AS SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

   (C).ALTER VIEW V1 AS SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

   (D).CREATE OR REPLACE VIEW V1 AS SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

   (E).CREATE REPLACE VIEW V1 AS SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次のSQL文と同じ処理のSQL文を(A)〜(D)の中から選んで下さい。

   SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO FROM PRD P INNER JOIN PDETAIL D
    ON P.PID = D.PID WHERE P.PID > 20;


   (A).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO FROM PRD P,PDETAIL D
       USING PID WHERE P.PID > 20;

   (B).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO FROM PRD P,PDETAIL D
       WHERE P.PID = D.PID AND P.PID > 20;

   (C).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO FROM PRD P,PDETAIL D
       ON P.PID = D.PID WHERE P.PID > 20;

   (D).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO FROM PRD P,PDETAIL D
       WHERE P.PID = D.PID HAVING P.PID > 20;


『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次のSQL文は、SQL99構文による表結合です。
   同じ処理のSQL文を(A)〜(D)の中から選んで下さい。

   SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO FROM PRD P LEFT OUTER JOIN PDETAIL D
    ON P.PID = D.PID;


   (A).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO 
        FROM PRD P,PDETAIL D WHERE P.PID(+) = D.PID;

   (B).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO 
        FROM PRD P,PDETAIL D ON P.PID = D.PID;

   (C).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO 
        FROM PRD P,PDETAIL D WHERE P.PID = D.PID(+);

   (D).SELECT P.PID,P.PNAME,D.PICO 
        FROM PRD P,PDETAIL D WHERE P.PID =(+) D.PID;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   表TBL1の列COL1を削除するSQL文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).ALTER TABLE TBL1 DROP COLUMN COL1;

   (B).ALTER TABLE TBL1 DELETE COLUMN COL1;

   (C).ALTER TABLE TBL1 DROP COL1 COLUMN;

   (D).ALTER TABLE TBL1 CLEAR COLUMN COL1;

   (E).列の削除はできない。



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  LONG型のデータに関する説明で誤っているものを、(A)〜(E)の中から
  選んで下さい。

   (A).可変長の文字型データである。

   (B).1つの表に1つだけ定義することができる。

   (C).索引に使用することはできない。

   (D).WHERE句に記述することができる。

   (E).最大の格納サイズは2Gである。



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次のSQL文で表制約を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).CREATE TABLE TBL1
        ( COL1 NUMBER PRIMARY KEY,
         COL2 NUMBER );

   (B).CREATE TABLE TBL1
        ( COL1 NUMBER UNIQUE,
         COL2 NUMBER  );

   (C).CREATE TABLE TBL1
        ( COL1 NUMBER NOT NULL,
         COL2 NUMBER );

   (D).CREATE TABLE TBL1
        ( COL1 NUMBER,
         COL2 NUMBER,
         CONSTRAINTS P_KEY PRIMARY KEY(COL1));

   (E).CREATE TABLE TBL1
        ( COL1 NUMBER,
         COL2 NUMBER REFERENCES TBL2(COL1));



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  「販売管理」表を営業部のAさんが更新しています。同じ営業部のBさ
  が同じ「販売管理」表を検索したとき、どうなるでしょうか。

  (A)〜(D)の中から選んで下さい。

   (A).Aさんが更新しているので、ロックがかかり待たされる

   (B).Aさんが更新しているので、エラーになる

   (C).Aさんが更新したデータを見ることができる

   (D).Aさんが更新しているので、更新前のデータを見ることができる


『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次ようにSQL文を実行しました。
   表TBL1の列COL1に追加されたデータを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(10);

   GRANT SELECT ON TBL1 TO PUBLIC;

   INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(20);

   TRUNCATE TABLE TBL2;

   INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(30);

   ROLLBACK;


   (A).10

   (B).10と20

   (C).20と30

   (D).30

   (E).なにも追加されない



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次ようにSQL文を実行しました。
   表TBL1の列COL1に追加されたデータを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SAVEPOINT W1;

   INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(10);
   SAVEPOINT W1;

   INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(20);
   SAVEPOINT W1;

   INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(30);
   ROLLBACK TO W1;


   (A).10

   (B).10と20

   (C).20と30

   (D).30

   (E).なにも追加されない



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次のSQL文で、表TBL1から表TBL2を作成しました。
   表TBL1には、(A)から(E)の索引、制約が設定されています。
   表TBL2にコピーされるものを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL>CREATE TABLE TBL1 AS SELECT * FROM TBL2;


   (A).ユニーク索引

   (B).主キー索引

   (C).NOT NULL制約

   (D).デフォト制約

   (E).外部キー制約



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表TBL1から表TBL2にデータを追加します。
  正しいSQL文を、(A)〜(E)の中からすべて選んで下さい。

  (A).INSERT INTO TBL2 (COL1,COL2) AS SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

  (B).INSERT INTO TBL2 (COL1,COL2) = SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

  (C).INSERT INTO TBL2 (COL1,COL2) SELECT COL1,COL2 FROM TBL1;

  (D).INSERT INTO TBL2 (COL1,COL2) SELECT (COL1,COL2) FROM TBL1;

  (E).INSERT INTO TBL2 (COL1,COL2) (SELECT COL1,COL2 FROM TBL1);



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   現在の日時が2007年8月19日午前0時10分20秒です。
   次のSQL文を実行した時に返される値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL> select to_char(sysdate,'YYYY/MM/DD HH:MI:SS') from dual;


   (A).2007/08/19 00:10:12

   (B).2007/8/19 00:10:12

   (C).2007/08/19 24:10:12

   (D).2007/08/19 12:10:12

   (E).エラーになる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表定義時にエラーになる列名を、(A)〜(E)の中からすべて選んで下さい。


   (A).会員-番号

   (B).会員#番号

   (C).会員$番号

   (D).会員_番号

   (E).会員%番号



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   SYSOPER権限では操作できないが、SYSDBA権限では可能な操作を、
   (A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).STARTUP

   (B).ALTER DATABASE MOUNT

   (C).CREATE SPFILE

   (D).CREATE DATABASE

   (E).CREATE TABLESPACE



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ユーザーがアクセスできる表の制約の参照整合性を調べるための
  ビューを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).DBA_CONSTRAINTS

   (B).ALL_CONSTRAINTS

   (C).USER_CONSTRAINTS

   (D).USER_CONS_COLUMNS

   (E).USER_CONS_OBJ_COLUMNS



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   索引が使用されているかどうかを判断するために、索引の使用に
   関する統計情報を収集するSQL文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).ALTER INDEX HR.IDX1 USAGE;

   (B).ALTER INDEX HR.IDX1 MONITORING USAGE;

   (C).ALTER INDEX HR.IDX1 INDEX USAGE;

   (D).ALTER INDEX HR.IDX1 MONITOR USAGE;

   (E).ALTER INDEX HR.IDX1 USAGE INDEXS;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次のSQL文を実行した時に返される値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL>select TO_CHAR(1234.5678,'L999G999') from DUAL;


   (A).123,457

   (B).\123,456

   (C).$1,234.568

   (D).\1,235

   (E).###########



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   データベースの論理構造で、セグメントを構成しているものを、
   (A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).データブロック

   (B).データファイル

   (C).表領域

   (D).データプール

   (E).エクステント



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  SQL*PlusのSPOOLコマンドで、ファイル名だけを指定した場合に、デフォルト
  で付加される拡張子を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).TXT

   (B).SQL

   (C).SRC

   (D).LST

   (E).OUT



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ユーザーCarlのデフォルト・ロールを指定するSQL文を、(A)〜(E)の
  中から選んで下さい。


   (A).ALTER USER Carl DEFAULT ROLE = DefROL1;

   (B).SET ROLE Carl DEFAULT = DefROL1

   (C).CREATE USER Carl DEFAULT ROLE DefROL1, DefROL2;

   (D).ALER USER Carl DEFAULT ROLE DefROL1, DefROL2;

   (E).CREATE USER Carl DEFAULT ROLE = DefROL1;


『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  number(5)の変数に格納できないデータを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).99999.99

   (B).-99999

   (C).NULL

   (D).12345.6789

   (E).-1.23456789



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   Oracle のパスワード複雑度検証ルーチンを作成するために実行する
   スクリプトを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).utlpwd.sql

   (B).utlpwdmg.sql

   (C).utlpwmg.sql

   (D).verifyfnc.sql

   (E).passwmg.sql



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   次のSQL文でエラーになるものを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).SELECT SYSDATE + 5 FROM DUAL;

   (B).SELECT SYSDATE - 5 FROM DUAL;

   (C).SELECT SYSDATE - TO_DATE('02-01-01') FROM DUAL;

   (D).SELECT SYSDATE + TO_DATE('02-01-01') FROM DUAL;

   (E).SELECT (SYSDATE - TO_DATE('02-01-01')) / 10 FROM DUAL;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   テーブルtbl1には、1件のデータがあります。

   SQL> select * from tbl1;

         COL1   COL2 PNAME
      ---------- ---------- --------------------
           1     9 TOKYO_TO_OSAKA

   1行が選択されました。


   次のSQL文を実行した時に返される値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL> select INSTR(PNAME,'O',3) from tbl1;


   (A).2

   (B).5

   (C).8

   (D).0

   (E).NULL



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   Oracleユーザー名を正しく追加しているSQL文を、(A)〜(E)の中
   から選んで下さい。

   (A).INSERT INTO TBL1 values(USER,10);

   (B).INSERT INTO TBL1 values(USERS,10);

   (C).INSERT INTO TBL1 values(USER_NAME,10);

   (D).INSERT INTO TBL1 values(&USER,10);

   (E).INSERT INTO TBL1 values(USR,10);



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  文字の定義でエラーになる定義を、(A)〜(D)の中からすべて選んで下さい。

   (A).CHAR

   (B).CHAR(2001)

   (C).VARCHAR2

   (D).VARCHAR2(3001)



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   数値の定義でエラーになる定義を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).NUMBER(15,20)

   (B).NUMBER

   (C).NUMBER(40,2)

   (D).NUMBER(38)

   (E).NUMBER(5,6)



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   テーブルtbl2を作成し、データを追加しました。

   SQL> create table tbl2 ( p1 char(10), p2 varchar2(10));

   SQL> insert into tbl2 values('あい','かき');

   次のSQL文を実行したときに返される値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL> select length(p1),length(p2) from tbl2;

   (A).10と10

   (B).10と2

   (C).2と2

   (D).8と2

   (E).10と4



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   ログインに失敗して、アカウントがロックする回数を設定する
   プロファイルのパスワードパラメータを、(A)〜(E)の中から選
   んで下さい。

   (A).PASSWORD_LOCK_COUNT

   (B).LOGIN_FAILED_ATTEMPTS

   (C).PASSWORD_GRACE_TIME

   (D).FAILED_LOGIN_ATTEMPTS

   (E).PASSWORD_LOCK_TIME



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  SQL文の記述で、グループ関数をネストできる深さを、(A)〜(E)の中から
  選んで下さい。


   (A).1

   (B).2

   (C).4

   (D).30

   (E).特に制限はない



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  現在2003年2月25日です。
  以下のSQL文を実行した結果を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  SQL>SELECT TO_CHAR(TO_DATE('98/02/03','RR/MM/DD'),'YYYY') FROM DUAL;

   (A).1998

   (B).2098

   (C).2198

   (D).1999

   (E).2003



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  外部認証によるユーザー作成で、ユーザー名の接頭辞として使用
  される初期化パラメータを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).OS_AUTHENT_PREFIX

   (B).OS_IDENTIFIED_PREFIX

   (C).OPS_AUTH_PREFIX

   (D).OPS_EXT_PREFIX

   (E).OS_EXTERNALLY_PREFIX



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  「%」の文字を含む文字列データを検索しているSQL文を、(A)〜(E)の中から
  選んで下さい。

   (A).SELECT COL1 FROM TBL1 WHERE COL1 LIKE '%%';

   (B).SELECT COL1 FROM TBL1 WHERE COL1 LIKE '%%%' ESC '%';

   (C).SELECT COL1 FROM TBL1 WHERE COL1 LIKE '%#%%' CODE '#';

   (D).SELECT COL1 FROM TBL1 WHERE COL1 LIKE '%#%%' EXTRACT '#';

   (E).SELECT COL1 FROM TBL1 WHERE COL1 LIKE '%#%%' ESCAPE '#';



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表TBL1の主キーで制約違反が起こります。
  制約違反を起こす行を見つけるために表定義を変更します。
  以下のSQL文の空白部分を埋める語を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

    SQL>ALTER TABLE TBL1 ENABLE PRIMARY KEY
              [       ] EXCEPTIONS;

   (A).INTO

   (B).EXCEPTIONS TO

   (C).NOVALIDATE INTO

   (D).EXCEPTIONS INTO

   (E).USING



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表の列に定義されたNOT NULL制約を調べます。
  USER_CONSTRAINTSビューのCONSTRAINT_TYPE列の値を、(A)〜(E)の中から
  選んで下さい。


   (A).C

   (B).N

   (C).O

   (D).U

   (E).P



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   制御ファイルは、最大いくつまで多重化することができるでしょうか。
   (A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).3

   (B).16

   (C).5

   (D).8

   (E).32



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   NLSパラメータの優先順位を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。
   (優先順位の高い方から低い方に並べます)

   (A).ALTER SESSION文 → 環境変数 → 初期化パラメータ

   (B).初期化パラメータ → ALTER SESSION文 → 環境変数

   (C).ALTER SESSION文 → 初期化パラメータ → 環境変数

   (D).初期化パラメータ → 環境変数 → ALTER SESSION文

   (E).環境変数 → 初期化パラメータ → ALTER SESSION文




『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  初期化パラメータNLS_SORTのデフォルト値を設定する初期化パラメータ
  を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).NLS_LANGUAGE

   (B).NLS_CURRENCY

   (C).NLS_TERRITORY

   (D).NLS_DB_SORT

   (E).NLS_ISO_CURRENCY



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  現在のセッションで付与したロールROLE1を使用禁止にするSQL文を、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).ALTER SESSION SET ROLE ROLE1 NONE;

   (B).ALTER SESSION SET ROLE EXCPT ROLE1

   (C).SET ROLE1 NONE;

   (D).SET ROLE ALL EXCEPT ROLE1 NONE;

   (E).SET ROLE ALL EXCEPT ROLE1;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  オブジェクト権限を付与できるものを、(A)〜(E)の中からすべて選んで下さい。

   (A).WITH ADMIN OPTIONで権限を付与されたユーザー

   (B).オブジェクト権限の所有者

   (C).SYS

   (D).WITH GRANT OPTIONで権限を付与されたユーザー

   (E).SYSTEM



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  次の文は、ユーザーBILLに、表TBL1の検索の権限を与えるSQL文です。
  また、検索の権限とともに、権限を与える権限も与えています。

  SQL文の空いている部分を埋める語を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL>GRANT SELECT ON TBL1 TO BILL WITH [     ] OPTION;


   (A).ADMIN

   (B).CHECK

   (C).CASCADE

   (D).PUBLIC

   (E).GRANT



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表を削除しました、表といっしょに削除されないものを、(A)〜(E)の中
  からすべて選んで下さい。


   (A).ビュー

   (B).索引

   (C).シノニム

   (D).制約

   (E).トリガー



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   権限を付与するSQL文で、エラーになるものを、(A)〜(E)の中から
   選んで下さい。(ROLE1,ROLE2は、ロールです)


   (A).GRANT CREATE SESSION,ROLE1 TO Brian WITH ADMIN OPTION;

   (B).GRANT ROLE1 TO Brian IDENTIFIED BY x493Ue3C;

   (C).GRANT SELECT,ROLE1 ON TBL1 TO Brian;

   (D).GRANT CREATE SESSION,CREATE TABLE TO Brian;

   (E).GRANT ROLE1,ROLE2 TO Brian WITH ADMIN OPTION;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   CREATE TABLE権限をユーザーBrianに付与しました。Brianに付与した
   CREATE TABLE権限が有効になる時期を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).すぐ有効になる

   (B).次のセッションから有効になる

   (C).データベースの再起動後のセッションから有効になる

   (D).コミット後から有効になる

   (E).ALTER SESSION命令を実行する



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  SQL*Plusから以下のコマンドを実行しました。
  正しい説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL>STARTUP

  (A).デフォルト・データベースをOPENする

  (B).デフォルト・データベースをMOUNTする

  (C).デフォルト・データベースをNOMOUNTする

  (D).Oracleインスタンスを起動するだけ

  (E).SQL*PlusからSTARTUPコマンドは実行できない



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   表TBL1には、4件のデータがあります。(空白は、NULLです)

   SQL> select * from tbl1;

         COL1 PNAME
      ---------- -------------
           3 TOKYO
           4 tokyo
           3 
           1 12345

   4行が選択されました。

   次のSQL文を実行した時、どのような順番で列PNAMEが返されるでしょうか。

   (A)〜(E)の中から選んで下さい。

   SQL> select PNAME from tbl1 order by PNAME;


   (A).NULL→12345→TOKYO→tokyo

   (B).12345→TOKYO→tokyo→NULL

   (C).TOKYO→12345→tokyo→NULL

   (D).TOKYO→tokyo→12345→NULL

   (E).NULL→TOKYO→tokyo→12345



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

   データベース監査の監査情報をSYS.AUD$表に出力するために初期化
   パラメータAUDIT_TRAILに、設定する値を、(A)〜(E)の中から選ん
   で下さい。

   (A).SYS

   (B).DB

   (C).OS

   (D).NONE

   (E).YES



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表への新規のデータの追加に対しては整合性をチェックして、既存の
  データの整合性は保証しない整合性制約の状態を、(A)〜(E)の中から
  選んで下さい。

   (A).disable validate

   (B).enable novalidate

   (C).disable novalidate

   (D).enbale validate

   (E).そのような指定はできない



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  参照整合制約で、親表のID_TBLの主キーIDNO列(NUMBER型のデータ型)を参照
  する子表を定義します。
  正しいSQL文を、(A)〜(E)の中から2つ選んで下さい。

   (A).CREATE TABLE PD_TBL1(
       PD_NAME VARCHAR(32),
       PD_ID CONSTRAINT FK1_PD_ID REFERENCES ID_TBL(IDNO));

   (B).CREATE TABLE PD_TBL2(
       PD_NAME VARCHAR(32),
       PD_ID NUMBER,
       FOREIGN KEY(PD_ID) CONSTRAINT FK2_PD_ID REFERENCES ID_TBL(IDNO));

   (C).CREATE TABLE PD_TBL3(
       PD_NAME VARCHAR(32),
       PD_ID NUMBER
       FOREGIN KEY CONSTRAINT FK3_PD_ID REFERENCES ID_TBL(IDNO));

   (D).CREATE TABLE PD_TBL4(
       PD_NAME VARCHAR(32),
       PD_ID,
       CONSTRAINT FK4_PD_ID FOREIGN KEY(PD_ID) REFERENCES ID_TBL(IDNO));

   (E).CREATE TABLE PD_TBL5(
       PD_NAME VARCHAR(32),
       PD_ID,
       REFERENCES CONSTRAINT FK5_PD_ID FOREIGN KEY ID_TBL(IDNO));



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  以下のようなプロファイルを作成して、ユーザーCarlに、割り当てました。
  ユーザーCarlが、ログインに失敗して、ロックアウトした場合、自動で
  ロックが解除される時間を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

    CREATE PROFILE pro1 LIMIT
      FAILED_LOGIN_ATTEMPTS 5
      PASSWORD_GRACE_TIME 10
      PASSWORD_RESUSE_TIME 5
      PASSWORD_LOCK_TIME 1/1440
      PASSWORD_LIFE_TIME 100;
    ALTER USER Carl PROFILE pro1;

   (A).5分

   (B).10分

   (C).1日

   (D).1分

   (E).ロックは、解除されない



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  データベース作成に関する環境変数を、(A)〜(E)の中から2つ選んで下さい。

   (A).ORACLE_SID

   (B).DB_NAME

   (C).NLS_LANGUAGE

   (D).ORACLE_HOME

   (E).GLOBAL_NAME



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  自分がアクセスできるオブジェクトを調べるためのビューを、(A)〜(E)の
  中から選んで下さい。


   (A).USER_TAB_PRIVS_MADE

   (B).USER_TAB_PRIVS_RECD

   (C).USER_OBJECTS

   (D).USER_TABLES

   (E).USER_OBJ_PRIVS



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  一時表領域の構成で、効率的な領域使用のために、初期化パラメータの
  倍数にします。使用する初期化パラメータを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).DB_CACHE_SIZE

   (B).DB_BLOCK_SIZE

   (C).SHARED_POOL_SIZE

   (D).SORT_AREA_SIZE

   (E).FAST_START_IO_TARGET



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  次のSQL文で、ビューv1を作成しました。
  user_viewのtext列の内容を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   create view v1 as select col1 + 100 as cola,col2 from tb1;

   (A).v1 as select col1 + 100 as cola,col2 from tb1

   (B).select col1 + 100 as cola,col2 from tb1

   (C).as select col1 + 100 as cola,col2 from tb1

   (D).col1 + 100 as cola,col2 from tb1

   (E).create view v1 as select col1 + 100 as cola,col2 from tb1



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  初期化パラメータのDB_KEEP_CACHE_SIZEを設定しました。
  KEEPバッファプールを使用する方法を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).初期化パラメータで設定するだけ

   (B).CREATE DATABASE,ALTER DATABASE文のSTORAGE句で指定する

   (C).CREATE TABLE,ALTER TABLE文のSTORAGE句で指定する

   (D).ALTER SYSTEM文で指定する

   (E).ALTER DATABASE文で指定する



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  タイ語を使用することになり、処理性能を優先して、各国語キャラクタ
  セットを選択します。正しい文字コードを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).UTF8

   (B).JA16EUC

   (C).JA16SJIS

   (D).AL16UTF16

   (E).AL32UTF8



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ビューv1を作成しました。ビューへの操作で正しく実行できるSQL文を、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。

  ○表tbl1の定義
   列 名 : col1 col2 col3 col4
   キー  : pk  --  --  --
   not null: --  nn  nn  --
   
  ○ビューの定義
   create view v1 as select col1,col2,col3 from tbl1
      where col3 not between 10 AND 30 with check option;


   (A).insert into v1 values(10,'TOKYO',20);

   (B).insert into v1(col1,col2) values(20,'OSAKA');

   (C).insert into v1(col1,col3,col2) values(30,0,'FUKUOKA');

   (D).insert into v1(col1,col2,col3) values(40,'NAGOYA',NULL);

   (E).insert into v1(col1,col2,col3) values(50,'YOKOHAMA',10);



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ビットマップ索引に関する間違った説明を、(A)〜(E)の中からすべて選んで下さい。

   (A).カーディナリティが高い列に設定すると効率的である

   (B).WHERE句のAND条件、OR条件の指定で効率的な問合せが可能となる

   (C).データ・ウェアハウス環境の意思決定支援システムに適している

   (D).ROWIDのリストのかわりに、各キー値のビットマップを使用する

   (E).OLTP環境には適している



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  データ・ディクショナリの所有者を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


   (A).SYS

   (B).SYSTEM

   (C).SYSとSYSTEM

   (D).Oracle

   (E).各ユーザー



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ユーザープロセスが異常終了した場合に、ユーザープロセスをリカバリ
  して、ユーザープロセスが使用していたリソースを開放するバックグラ
  ウンドプロセスを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).SMON

   (B).PMON

   (C).RECO

   (D).CKPT

   (E).ARCn



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ビューに関する間違った説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


  (A).2つ以上の表からの結合ビューでも更新可能である

  (B).自分のスキーマにビューを作成するには、create viewシステム権限が
    必要である

  (C).CREATE OR REPLACE VIEW文で、新規にビューを作成できる

  (D).ビューの検索には、実表のselect権限が必要である

  (E).CREATE FORCE VIEW文で、存在しない表や既存の表の無効な列を参照する
    ビューを作成することができる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  リソース制限を使用可能にする方法を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

   (A).ALTER SYSTEM RESOURCE_LIMIT = TRUE;

   (B).ALTER SESSION RESOURCE_LIMIT = TRUE;

   (C).ALTER DATABASE SET RESOURCE_LIMIT = TRUE;

   (D).ALTER SESSION SET RESOURCE_LIMIT = TRUE;

   (E).ALTER SYSTEM SET RESOURCE_LIMIT = TRUE;



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表tbl1は、10行のデータがあり、主キーが定義されています。

  以下のSQL文を実行した時の表tbl2に関する正しい説明を、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。

   create table tbl2 as select * from tbl1 where 1 = 0;

  (A).主キーは定義されない、データもコピーされない

  (B).主キーは定義されるがデータはコピーされない

  (C).主キーは定義されないがデータはコピーされる

  (D).主キーが定義されて、データがコピーされる

  (E).エラーになる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表領域のオフラインに関する間違った説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  (A).SYSTEM領域を、オフラインにすることはできない

  (B).表領域をオフラインにすると、表領域を構成するすべてのデータ
    ファイルがオフラインになる

  (C).オフラインの表領域には、アクセスできない

  (D).表領域をオフラインにするalter tablespace文でnormal以外のオプ
    ションを指定するとオンライン時にリカバリが必要となる

  (E).オフラインにした表領域は、データベースを停止後、再度データ
   ベースをオープンすると表領域は、オンラインになる、



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  以下のような表tbl1を検索するSQL文を2度実行した時の正しい説明を、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。(列col1は、文字型データです)

   select * from tbl1 where upper(col1) = '&&str1';


  (A).1度目のselect文では、val1への入力要求後、検索します。2度目の
    select文では、入力要求はなく、1度目の入力データで検索します

  (B).1度目のselect文では、val1への入力要求後、検索します。2度目の
    select文でも、val1への入力要求後、検索します

  (C).2度目のselect文で、エラーになる

  (D).入力要求はなく、2度のselect文が実行される

  (E).1度目のselect文で、エラーになる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  複数行副問合せの比較条件でエラーになる演算子を、(A)〜(E)の中から
  選んで下さい。


  (A).>

  (B).<>

  (C).NOT IN

  (D).= ANY

  (E).> ALL



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  制御ファイルに関する間違った説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  (A).制御ファイルは、バイナリ形式のファイルです

  (B).制御ファイルは、最大8の多重化が可能です

  (C).制御ファイルには、データベース名、データ・ファイルとREDOログ
    ファイルの名前や位置、カレントのログ順序番号、チェックポイン
    ト情報等が格納される

  (D).制御ファイルは、マウント時に読み込まれる

  (E).制御ファイルの1つが使用不能になっても、多重化した正常な制御
    ファイルがあればデータベースは正常に稼動する



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  REDOログ・メンバーに関する間違った説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  (A).各REDOログ・メンバーのメンバー数は、同じ数でなくてもよい

  (B).REDOログ・グループ内のメンバーは、同じサイズで、異なるディ
    スクに配置する

  (C).REDOログ・メンバーの最大数は、MAXLOGMEMBERSで指定する

  (D).REDOログ・グループのメンバーには同じログ順序番号が記録される

  (E).1つのREDOログ・メンバーに障害が発生した場合、他のREDOログ
    メンバーが使用可能でもインスタンスは異常停止する



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  SQL*Plusから表の複数のデータを更新しました。
  トランザクションがコミットされる場合を、(A)〜(E)の中からすべて
  選んで下さい。


  (A).SQL*PlusをQUITコマンドで終了した

  (B).DDL文を実行した

  (C).SQL*Plusが異常終了した

  (D).SQL*PlusをEXITコマンドで終了した

  (E).システム障害が発生した



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  以下のSQL文を実行しました。正しい説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。
  (但し、表tbl1は、存在しません)

   create synonym mytbl1 for tbl1;


  (A).エラーになる。表tbl1を作成して、再度SQL文を実行する

  (B).エラーにならない。mytbl1を参照した時にエラーになる。
    表tbl1を作成しても、mytbl1の参照時エラーは解決しない

  (C).エラーにならない。mytbl1を参照した時にもエラーにならない

  (D).エラーにならない。mytbl1を参照した時にエラーになる。
    表tbl1を作成すれば、mytbl1の参照時エラーは解決する

  (E).エラーになる。シノニム作成の構文に誤りがある



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  ローカル管理表領域に関する間違った説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  (A).ローカル管理は、表領域内のエクステント情報をビットマップで管理する

  (B).ローカル管理表領域の定義で、UNIFORM句を指定すると均一なエクステント
    による管理を指定できるが、デフォルトは、可変エクステント・サイズである

  (C).ディクショナリ管理と比較して、ローカル管理表領域は、記憶領域を細かく
    設定、管理することができる

  (D).ローカル管理表領域は、ディクショナリ管理と違い、空きエクステントを
    結合する必要がない




『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  システム表領域を移動するために使用するSQL文を、(A)〜(E)の中
  から選んで下さい。

  (A).ALTER SYSTEM .. RENAME FILE文

  (B).ALTER DATABASE .. RENAME FILE文

  (C).ALTER TABLESPACE .. RENAME DATAFILE文

  (D).ALTER DATABASE .. RENAME DATAFILE文

  (E).ALTER TABLESPACE .. RENAME FILE文



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表TBL1を参照する権限を所有しているユーザーCarlは、この権限を
  with grant optionを指定して、ユーザーBrianに付与しました。

  ユーザーBrianは、付与された表TBL1の参照権限を、ユーザーMikeに
  with grant optionを指定して付与しました。

  Carlが、以下のSQL文で、Brianの表TBL1の参照権限を取り消した場合
  の正しい説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

    revoke select on Carl.tbl1 from Brian;

  (A).Brianの権限を取り消すことはできない

  (B).BrianとMikeの権限が取り消される

  (C).Brianの権限は取り消されるが、Mikeの権限は取り消されない

  (D).Mikeの権限を取り消してからBrianの権限を取り消さなければならない

  (E).SQL文に誤りがありエラーになる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  以下のSQL文で、作成される索引の数を、(A)〜(E)の中から選んで下さい。

  SQL> CREATE TABLE TBL1( C1 NUMBER,C2 NUMBER,C3 DATE,C4 NUMBER,
   2 CONSTRAINTS PK_TBL1 PRIMARY KEY(C1,C2),
   3 CONSTRAINTS FR_TBL1 FOREIGN KEY(C4) REFERENCES TBL2(COL1));


  (A).0

  (B).1

  (C).2

  (D).3

  (E).4



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  Oracleデ−タベースのデータ型でないものを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


  (A).RAW

  (B).INTERVAL DAY TO SECOND

  (C).TIME

  (D).TIMESTAMP WITH TIME ZONE

  (E).LONG



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  データベースを作成した直後です。まだ作成されていないものを、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。

  (A).制御ファイル

  (B).SYSTEMユーザー

  (C).REDOログ・ファイル

  (D).データ・ディクショナリ・ビュー

  (E).SYSユーザー



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  管理者のBrianは、オブジェクト権限を、ユーザーCarlに付与し、Carlは、
  その権限をユーザーDennisに付与しました。

  又、Brianは、システム権限を、ユーザーMikeに付与し、Mikeは、その権限を
  ユーザーAlに付与しました。(表領域の割り当てはあるものとします)

  Brianが直接権限を取り消すことのできるユーザーに関する正しい説明を、
  (A)〜(E)の中から選んで下さい。


  (A).Carl,Dennis,Mike,Alの権限を取り消すことができる

  (B).Carl,Mike,Alの権限を取り消すことができる

  (C).Carl,Mikeの権限を取り消すことができる

  (D).Carl,Dennis,Mikeの権限を取り消すことができる

  (E).Carl,Dennis,Alの権限を取り消すことができる



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のSQL文により戻るデータを、(A)〜(E)の中から選んで下さい  

  SQL> SELECT TO_CHAR(-12.6,'9999.99') FROM DUAL; 

 (A).-0012.6

 (B).-0012.60

 (C).-  12.60

 (D).-12.6

 (E).-12.60



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 現在の日付は、2003年10月23日、午後2時25分です 
 以下のように日付を表示するSQL文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい 

     03年10月23日

 (A).SELECT TO_CHAR(SYSDATE,'YY"年"MM月DAY日') FROM DUAL; 

 (B).SELECT TO_CHAR(SYSDATE,'YY年MM月DD日') FROM DUAL; 

 (C).SELECT TO_CHAR(SYSDATE,'YY年MONTH月DD日') FROM DUAL; 

 (D).SELECT TO_CHAR(SYSDATE,'YY年MONTHDD日') FROM DUAL; 

 (E).SELECT TO_CHAR(SYSDATE,'YY"年"MONTHDD"日"') FROM DUAL; 



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のSQL文のCASE式と同じ機能をする関数を、(A)〜(E)の中から
 選んで下さい   

  SELECT PID,PNAME,PDATE, 
      CASE PID 
        WHEN 1010 THEN '1st' 
        WHEN 1020 THEN '2nd' 
        WHEN 1030 THEN '3rd' 
        ELSE 'Other' 
     END 
   FROM PSTBL; 

 (A).SWITCH 

 (B).NVL2 

 (C).COMPOSE 

 (D).COALESCE 

 (E).DECODE 



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 NVL(a,b)の正しい説明を、(A)〜(E)の中からすべて選んで下さい

 (A).aとbが等しくない時、aを返す

 (B).aとbが等しくない時、nullを返す

 (C).aがNULLでない時、aを返す

 (D).aとbが等しい時、nullを返す

 (E).aがNULLの時、bを返す



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  表TBL1には、5件のデータがあります(表示がない部分はNULLです)

   SQL> SELECT COL1 FROM TBL1;

       COL1
   ---------- 
           10
        
        10
               0
              20

   5行が選択されました。


 以下のSQL文が戻す値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい 

    SELECT COUNT(COL1) FROM TBL1; 

 (A).3

 (B).4

 (C).NULL

 (D).5

 (E).2





『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題


  表TBL1には、5件のデータがあります(表示がない部分はNULLです)

   SQL> SELECT COL1 FROM TBL1;

       COL1
   ---------- 
           10
        
        10
               0
              20

   5行が選択されました。




 以下のSQL文が戻す値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい 

   SELECT AVG(COL1) FROM TBL1; 

 (A).8

 (B).10

 (C).15

 (D).NULL

 (E).0






『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 正しいMERGE文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい

 (A).MERGE INTO COUNT_TBL C USING RESULT_TBL R
    ON ( C.ID = R.ID )
   WHEN MATCHED THEN
    UPDATE SET C.CNT = C.CNT + R.CNT
   WHEN NOT MATCHED THEN
    INSERT VALUES(R.ID,R.CNT,R.NAME,R.DATA);


 (B).MERGE INTO COUNT_TBL C USING RESULT_TBL R
    ON ( C.ID = R.ID )
   WHEN MATCHED THEN
    UPDATE RESULT_TBL SET C.CNT = C.CNT + R.CNT
   WHEN NOT MATCHED THEN
    INSERT RESULTE_TBL VALUES(R.ID,R.CNT,R.NAME,R.DATA);


 (C).MERGE INTO COUNT_TBL C USING RESULT_TBL R
    ON ( C.ID = R.ID )
   WHEN MATCHED THEN
    UPDATE SET C.CNT = C.CNT + R.CNT ,
   WHEN NOT MATCHED THEN
    INSERT VALUES(R.ID,R.CNT,R.NAME,R.DATA);


 (D).MERGE TO COUNT_TBL C USING RESULT_TBL R
    ON ( C.ID = R.ID )
   WHEN MATCHED THEN
    UPDATE SET C.CNT = C.CNT + R.CNT
   WHEN NOT MATCHED THEN
    INSERT VALUES(R.ID,R.CNT,R.NAME,R.DATA);


 (E).MERGE INTO COUNT_TBL C USING RESULT_TBL R
    AND ( C.ID = R.ID )
   WHEN MATCHED THEN
    UPDATE SET C.CNT = C.CNT + R.CNT
   WHEN NOT MATCHED THEN
    INSERT VALUES(R.ID,R.CNT,R.NAME,R.DATA);



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のような構造の表PSIDがあります 
 エラーになるSQL文を、(A)〜(E)の中からすべて選んで下さい 

 SQL> DESC PSID 
  名前                        NULL?    型 
  --------------------------- -------- ---------------------------- 
  PID                         NOT NULL NUMBER(4) 
  PSAL                                 NUMBER 
  PBRTH                       NOT NULL VARCHAR2(10) 

 (A).INSERT INTO PSID(PID,PBRTH,PSAL) VALUES(100,'YOKOHAMA',NULL); 

 (B).INSERT INTO PSID(PID,PBRTH) VALUES(219,'TOKYO'); 

 (C).INSERT INTO PSID(*) VALUES(10,NULL,'OSAKA'); 

 (D).INSERT INTO PSID(PID,PSAL) VALUES(510,4120); 

 (E).INSERT INTO PSID VALUES(164,5280,'TOKYO'); 



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

  制約が設定されている列を調べるためのビューを、(A)〜(E)の中から選んで下さい。


  (A).USER_COL_PRIVS

  (B).USER_CONSTRAINTS

  (C).USER_COL_CONSTRAINTS

  (D).USER_CONS_COLUMNS

  (E).USER_COL_CONS



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 トランザクションを暗黙でコミットする命令を、(A)〜(E)の中からすべて
 選んで下さい

 (A).MERGE

 (B).UPDATE

 (C).SAVEPOINT

 (D).RENAME

 (E).TRUNCATE



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のSQL文を実行しました
 表TBL1の列COL1に、追加された値を、(A)〜(E)の中から選んで下さい

 SAVEPOINT W1;

 INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(10);

 SAVEPOINT W2;

 INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(20);

 SAVEPOINT W1;

 INSERT INTO TBL1(COL1) VALUES(30);

 ROLLBACK;
 COMMIT;

 (A).30

 (B).10,20,30

 (C).なにも追加されない

 (D).10,20

 (E).20,30



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 問合せ結果をファイルに出力するSQL*Plusのコマンドを、(A)〜(E)の
 中から選んで下さい

 (A).PRINT

 (B).SPOOL

 (C).SAVE

 (D).TERMOUT

 (E).OUTPUT



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 SQLバッファ内の文字TAPをTOPに変更するSQL*Plusのコマンドを、
 (A)〜(E)の中からすべて選んで下さい

 (A).S/TAP/TOP

 (B).R/TAP/TOP

 (C).S\TAP\TOP\

 (D).C/TAP/TOP/

 (E).C\TAP\TOP



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 置換変数VAR1を使用した正しいSQL文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい
 (表TBL1の列COL1のデータ型は、可変長文字型です)

 (A).SELECT * FROM TBL1 WHERE COL1 = "&VAR1";

 (B).SELECT * FROM TBL1 WHERE COL1 = VAR1;

 (C).SELECT * FROM TBL1 WHERE COL1 = '&&VAR1';

 (D).SELECT * FROM TBL1 WHERE COL1 = &VAR1;

 (E).SELECT * FROM TBL1 WHERE COL1 = '&VAR1';



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のSQL文を2回実行した時の正しい説明を、(A)〜(E)の中から選んで下さい 
 表TBL1の列PNUMは、数値型データです 

  SELECT * FROM TBL1 WHERE PNUM = &&VAR1; 

 (A).1回目と同じようにユーザー変数の入力後、SQL文を実行する 

 (B).1回目の入力値が表示され、前回の入力値を再利用することも、
     新しい値を入力することもできる 

 (C).1回目に入力した値を使用してSQL文を実行する 

 (D).同じSQL文を2回実行するとエラーになる 

 (E).2回目の入力は、定義時の指定により再利用か、新規入力になる 



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のSQL文に、検索条件を追加するために使用する記述を、(A)〜(E)の中
 からすべて選んで下さい

 SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME
 FROM SHOPTBL S JOIN PESTBL P ON(S.SPID = P.SPID);

 (A).AND

 (B).OR

 (C).USING

 (D).WHERE

 (E).ON



『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


オラクルマスター(ORACLE MASTER)過去問題

 以下のSQL文と同じ内容のSQL文を、(A)〜(E)の中から選んで下さい  

  SQL> SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME 
    2       FROM SHOPTBL S,PESTBL P WHERE S.SPID = P.SPID(+); 


 (A).SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME
        FROM SHOPTBL S FULL OUTER JOIN PESTBL P ON S.SPID = P.SPID;

 (B).SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME
        FROM SHOPTBL S JOIN PESTBL P ON S.SPID = P.SPID;

 (C).SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME
        FROM SHOPTBL S RIGHT OUTER JOIN PESTBL P ON S.SPID = P.SPID;

 (D).SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME
        FROM SHOPTBL S JOIN PESTBL P ON S.SPID = P.SPID(+);

 (E).SELECT S.SPID,S.SPNAME,P.PSNAME
        FROM SHOPTBL S LEFT OUTER JOIN PESTBL P ON S.SPID = P.SPID;




『 解 答 』



posted by 過去問題研究者 | 過去問題解説


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。